お気軽にご相談ください。
10.jpg

事務所通信Vol.8 part6(2010年9月)

■今月の一押しネタ・耳寄り情報

 

■赤沼所長の一押しネタ

野村の「監督ミーティング」

選手を変える、組織を伸ばす「野村克也の教え」

著者:橋上秀樹

出版社:日本文芸社

価格:743+

 

著者は野村監督に最初ヤクルトで選手として仕え、後に阪神、楽天でヘッドコーチとしてその薫陶を受けた愛弟子です。曰く野村監督と他の監督の最大の違いはいわゆるID野球でも再生工場でもなく、この「監督ミーティング」だと言うのです。キャンプの間続く毎晩2〜3時間のミーティング、これこそが自分の頭で考える選手に育てる野村イズムの神髄であり、タネ証しだと言うのです。その野村の「監督ミーティング」にぜひ読者も参加していただきたいと思います。このミーティングで伝えられるのは、意外にも野球論ではありません。野球人生で成果を出すために一番大切なことが、野村監督の考えに考え抜かれた言葉で語られます。


 ■スタッフ日高の一押しネタ

未来のスケッチ

経営で大切なことは旭山動物園にぜんぶある

著者:遠藤功   

出版社:あさ出版

価格:1,400+

 

今や年間250万人以上の来場者数を誇る旭川市立旭山動物園。20人弱の正職員で対応しているというのだから驚きです。地方の都市で人材、資金の限られた資源を活かしていかにして顧客に感動を与えられるか。考え抜いた職員たちのアイデアの数々が未来のスケッチへと形を変えていきます。それぞれの職員の動物、動物園への愛が主体的な行動となって元気で強い現場を作りあげていくのです。動物本来の行動の面白さを伝える「行動展示」。北極クマが水へと潜る様は圧巻です。他にもまだまだ実現していない未来スケッチがあります。挑戦し続けていく姿勢が多くの人を魅きつけているのは間違いありません。

 

 

■編集後記

9月になっても暑さは止みません。先週大和市にうかがったところ、暑くてもカラッとした空気に心地よさを感じました。また先月長野県上田市に行きましたが、ここも湿度はそれほどではありませんが、焼け焦げそうな強い日差しに驚きました。一番慣れている渋谷・横浜の蒸し暑さとの違いなど、暑さも処により随分違いがあるという発見がありました。

(赤沼談)

 

暑い時にはビールですが、今年は様々なビールテイストのアルコールフリー飲料水が発売され、売れ行きが好調のようです。一部の商品は品切れ状態というから驚きです。私も騙されたと思って飲んでみましたが意外にいける味でした。今ではビールよりもよく飲んでいます。嗜好意識の移り変りは早いものだと実感します。

(日高談)