お気軽にご相談ください。
10.jpg

事務所通信Vol.9 part6(2010年10月)

■今月の一押しネタ・耳寄り情報

■赤沼所長の一押しネタ

日本の「復元力」

歴史を学ぶことは未来をつくること

 

著者:中谷巌

出版社:ダイヤモンド社

価格:1,600+

言わずと知れたマクロ経済学の重鎮中谷巌氏の最新著書。小泉政権以来、鼻息荒くグローバル市場原理主義を後押しし、氏の印象が変わった人も多かったのではないでしょうか。今回は打って変わって、日本がこの間までなぜに経済的に発展し得たのか、日本の深い歴史に根差したルーツとアイデンティティを明らかにし、同時に現代日本人が持つひねた歴史観を批判的に考察します。幕末までの日本人の持つ美徳、価値観を確認することから今後の日本人の選択肢を考えて行きます。関連本の斎藤精一郎立教大学教授著「10年不況脱出のシナリオ」(集英社新書)は、具体的な解決策として「海外直接投資立国」論を主張していますので、併読をお薦めします。


■スタッフ日高の一押しネタ

さあ、才能に目覚めよう

あなたの5つの強みを見出す、活かす

著者:マーカス・バッキンガム

&ドナルド・O・クリフトン   

出版社:日本経済新聞出版社

価格:1,600+

 

無意識に繰り返される思考・感情・行動パターン。そのパターンを生み出しているものが個人の才能なのです。本著は約200万人のインタビュー調査から、人には34の才能が存在することを導き出しています。その才能は時には強みになり、ある時は欠点になります。どちらになるかは自分次第。本著を購入すると特典として才能診断テストが受けられます。早速試した結果、私の強みの一つに「最上志向」がありました。最上を求め続けていく姿勢は本来強みになるのでしょうが、自身の身の丈に合わないものまで求めようとするとそれは妄想として逆に自分の弱みになってしまいます。自身の経験を振り返るきっかけを与えてくれます。


■編集後記

先日は仕事で石川県に、プライベートで故郷の青森県に行って参りました。出掛ける際と帰ってきた際に感じた東京横浜の蒸し暑さにはあらためて息苦しさを感じました。最近はすっかり涼しくなり過ごしやすくなりましたが、今のうちに来年の夏に備えてエアコンの点検とか暑さ対策を真剣に準備したほうが良さそうです。

(赤沼談)

 

週末はよく美味しいケーキ屋に行きます。先日初めて自由が丘ロールに行ってきました。美味しいのはもちろんですが、それよりも驚いたのはスタッフの仕事ぶりでした。店内ではディスプレイさながらのスタッフの丁寧な菓子作りを見ることができ、入店と帰り際のスタッフの気持ち良い挨拶に接することができたりとそれだけでも気持ちよく時間を過ごすことができました。

(日高談)