お気軽にご相談ください。
10.jpg

報酬料金について

 

報酬料金方針】

 

報酬は顧問契約とスポット契約の二種類からお選びいただけます。

 

T.顧問料

何かあった時いつもでご相談できます。

御社のニーズに合わせてきめ細かくサポートできます。

長いお付き合いを前提に、基本料金を割安に設定し、特殊な事態にあてっても、なるべく追加費用無しで対応致します。

 

@税務顧問契約

月額顧問料と決算料から成ります。

 

Q-TAX所定の報酬料金表に基づいて算定させていただきます。

Q-TAX所定の報酬料金表では、主にお客様の売上高の規模とご面談頻度により決定させていただいております。

また消費税申告報酬は別途、月額2か月分の金額になります。

例)売上1,000万円以上3,000万円未満・四半期毎面談⇒月額16,200円(税別)、決算報酬100,000円(税別)、消費税32,200円(税別)。

 詳しくは当事務所にお問い合わせください。

A記帳代行報酬

ご自分で帳簿作成が困難なお客様には、当事務所で資料をお預かりして弥生会計による帳簿作成を代行しております。

記帳代行料金は、原則としまして毎月仕訳数150行まで月額10,000円(税別)、後は毎月仕訳数100行毎に10,000円(税別)追加するという算定方法で行います。

ただし資料の整理状況や内容の複雑さにより、金額の調整をすることもありますので、具体的には個別のお見積りをお問い合わせください。

 

 

AMAS(マネジメント・アドバイザリー・サービス)顧問契約

税務は今の税理士先生に頼んだままで、これからの経営や組織のこと金融機関対策等、税理士先生に相談できないことだけ頼みたい場合、今の税務顧問とは別個にMAS(マネジメントアドバイザリーサービス)だけの顧問契約も歓迎致します。その際には税務申告は従来どおりの税理士の先生に継続してお願いしていただき、私達は税理士先生の分担以外の経営相談・支援を受け持ちます。

 

従いまして料金は個別にお見積りさせていただきます。

 

(参考:MAS顧問の例)

○毎月1回の役員会議指導⇒月額73,500105,000 

 

○戦略的中期経営計画と短期利益計画⇒月額105,000315,000

 

○戦略的中期経営計画と短期利益計画、金融機関対策その他コンサルティング一切

 ⇒月額105,000315,000

  

U.スポット契約

3か月〜半年程度、目標期限を定めて急ぎ懸案になっている特定の課題にだけ取り組みます。

 

BMCS(マネジメント・コンサルティング・サービス)契約

十分にニーズ・課題についてお聞きした上で、お見積書を作成させていただきます。

 

案件毎に投入するスタッフと投入工数を見積もります。

何しろ毎回その作業量も難易度も千差万別だからです。

 

この時の見積もり方は、

コンサルタントのレベル毎の基準単価に各人の予定工数を乗じて算定します。

 

しかし作業を開始すると不測の事態や、

当初予想不可能な問題点等が後から判明するなど、

当方の責任ではない原因により、

当初の工数では不足する場合があります。

 

そのような時には、速やかにお客様にご報告して、

追加契約をするか、従来の予算の中でどのように対処するか、

最良の選択を協議させていただくこともあります。

 

(参考:スポットコンサルティングの例)

○財務デューデリジェンス3人×4日間⇒130万円

 

○利益計画策定、売上高3億円、2人×5日間⇒30〜70万円

 

○ベンチャー企業の資本政策策定⇒30万円

 

○戦略的中期経営計画、売上高6億円、従業員50人⇒300万円/

 

○金融機関リスケジュール支援、売上高5,000万円〜5億円程度、正味2ヶ月⇒30〜150万円